最近の求職者が企業情報を集めている方法

最近の求職者が企業情報を集めている方法
最近の求職者が企業情報を集めている方法

最近の求職者が企業情報を集めている方法

最近の求職者が企業情報を集めている方法

【応募企業を調べていた求職者との面談】

avatar

求職者B子さん

あっ!この求人情報いいかも!

avatar

求職者B子さん

やっぱり、ダメだ。

どうしました?良い求人情報ではなかったのですか?

avatar

合同説明会採用  コンサルタント

avatar

求職者

良いなと思ったんですけど、口コミサイトを見たら、評価が低くって。だまされるところでした!

B子さんは販売職を探していましたよね?具体的にどんな仕事を探しているのですか?

avatar

合同説明会採用  コンサルタント

avatar

求職者

そうですね。なんとなく事務が良いかなって。仕事内容というよりも、一番は人間関係が良い職場が良いですね。嫌な先輩とかいたら困りますし。

なるほど。仕事内容よりも職場環境ですね。だから口コミサイトを見ていたわけですか。けど、口コミサイトってそんなに信ぴょう性ありますか?

avatar

合同説明会採用  コンサルタント

avatar

求職者

それが、口コミサイト見ていても、悪口っぽいのも多くて、結局、どれか本当なのか、分からないんですよね。実際に働いている人を見れたら良いけど。

それなら、実際に応募してはどうですか?社内に入るわけですから、実際に働いている人と会えますよ?

avatar

合同説明会採用  コンサルタント

avatar

求職者

履歴書を書くの大変なので、そんな実験に使うの嫌です。それに潜入捜査みたいで怖いです。

う~ん。それでは、『合同企業説明会』はどうですか?実際に企業の人と会えますし、選考ではなく情報収集の場ですよ。

avatar

合同説明会採用  コンサルタント

avatar

求職者

そうですね!それならアリです!

 

情報収集する時の行動

新聞広告、求人紙、求人サイトと「求人情報」のカタチは時代の流れに合わせて、大きく変わってきました。

仕事の探し方も自分で探すだけでなく、登録すれば専任のエージェントが条件に合った情報を提供するサービスが2000年頃から増えだし、現在は登録すれば、企業から直接スカウトの連絡がくるサービスが増えてきています。

この変化の経緯や理由はさまざまありますが、大きなポイントとして以下の2点が考えられます。

  1. 求職者が何を求めているか?
  2. どうすれば求職者が利用しやすいか?

この10年、20年で「求人情報」のカタチは大きく変わりましたが、50年以上変わっていないものがあります。

それが『合同企業説明会』です。

なぜ、変わらないのでしょうか? それは、上記2点を満たしているからです。

 

求職者の行動の変化

今回の求職者B子さんを例にあげましたが、B子さんが特別というわけではありません。

エン・ジャパン社は、求人サイトの他に、『カイシャの評判 ~社員を知れば、会社がわかる。~』という口コミサイトを運営しています。そのエン・ジャパン社の情報では、求人情報からエントリーした人の7割以上が、エントリー前に口コミサイトで、企業の情報を確認しているということです。

口コミサイトは、他にも多数あります。なので、エン・ジャパン社以外の求人サイトを利用している求職者も、同様に口コミサイトを利用していると考えるのが自然です。

「この仕事がしたい」というよりも、「こんな職場環境の会社で働きたい」という求職者が増えています。

そのためには、企業から一方的に提示される求人情報だけでは、判断ができません。なので、口コミサイトのようにその企業で働いた経験がある人の意見を求める傾向があります。口コミサイトの内容を全て、鵜呑(うの)みにする求職者は少ないですが、参考意見としては取り入れられます。企業側としては、求職者は迷ったら応募しないと考えておく方が良いと思います。

「実際に働いている人を見たい」「一方的な情報ではなく、自分の知りたい情報が欲しい」という点では、『合同企業説明会』は、求職者にとっても有効な手段です。学情社の開催する『Re就活』など、20代~30代前半の若手求職者を対象とした合同企業説明会も多く、若手の人材を求める場合でも有効な手段です。

まとめ

求職者の多くは、求人広告の記事だけで応募するかどうかを判断しません。口コミサイトなどを利用して、実際に働いた人の声などの情報を求める傾向があります。口コミサイトの数が年々増えている点からも、求職者が『リアルな情報』を求めていることは明白です。「実際に働いている人を見たい」「一方的な情報ではなく、自分の知りたい情報が欲しい」という要望を満たす意味では、『合同企業説明会』は、求職者にとっても有効な手段であり、20代~30代前半の若年層を狙う企業にとっても有効な手法です。

avatar

求職者B子さん

なるほど!確かに合同企業説明会なら、企業の人の話を聞けますし、選考だと質問しにくい内容でも、情報収集だから質問もしやすいですね。

仕事探しは人生にも大きく影響します。後悔しないためにも情報集めは重要ですね。

avatar

合同説明会採用  コンサルタント

 

採用ノウハウカテゴリの最新記事