興味診断3(適職・適学)「芸術的」

興味診断(適職・適学)の解説

自分の感性を活かした行動を好む「芸術究的」タイプ

『価値観を大切にするタイプ』

①斬新なアイデアに恵まれているが、ルールに従うことが苦手な傾向がある。

②自分が表現するものが受け入れられると、力を出せる特徴がある。

適性が高い仕事分野

  • ・さまざまな人とふれあう
  • ・芸術性が問われる作業
  • ・個性を求められること
  • ・手順が決められていない作業
  • ・自分らしさを表現できること

適性が高い仕事例

【仕事分野】
・表現をする分野
 デザイナー 美容師 芸術家
 調理師 作家 通訳

 
【特徴】
・芸術性が問われることを好む。
・個性を求められることを好む。
・やり方が自由なことを好む。
・自分を表現できることを好む。

適性が高い学問例

・表現をする分野
 音楽 美術 文学 哲学
 服飾学  外国語学 
 国際関係学

【文系・理系の割合】
  文 ★ ★ ☆ ☆ 理

隠れた適性①

『好奇心が強い学究肌タイプ』

①完全主義で神経質なところがあり、物事を解釈したりデータを分析することが得意な傾向がある。

②データを基に判断するため、他人との関わりを必要としない傾向がある。

適性が高い仕事例

【仕事分野】
・専門的な研究/調査の分野
 研究者 医師 薬剤師
 市場調査員

【特徴】
・多くの知識を学ぶことを好む。
・科学的な実験などを好む。
・コツコツ行うことを好む。
・情報の収集を好む。

隠れた適性②

『社交的な人間関係重視タイプ』

①他人の気持ちに共感できる。他人の世話をすることが得意。

②社交的な性格で、他人と関わって何かを行うことを好む傾向がある。

適性が高い仕事例

【仕事分野】
・人と関わる分野
 看護師 警察官 福祉士

・人に伝える分野
 教師 保育士 カウンセラー

【特徴】
・人に教えることを好む。
・困っている人の手助けを好む。
・チームプレーを好む。
・他人と仲良くなることを好む。

タイトルとURLをコピーしました