行動診断8「ISFP 調整役」

行動診断の解説

調整役タイプ

このタイプの行動の特徴

このタイプは、控えめで自分からは前に出ないが、注目を浴びたときに、よろこびを感じる人が多い。言葉よりも行動で思いを表現することが得意。人を気づかい過ぎて、気疲れしやすいので、疲れた時は自分を気づかう時間を持とう。

【活躍できる環境】
・自分の思い通りに行動ができる環境。
・競争や対立のない環境。

【得意なこと】
・分析など考えながら行うこと。
・今あるものを改善すること。

【苦手なこと】
・たくさんの人の前で話すこと。
・全てを自分で決定すること。

このタイプの人との関わり方の特徴

ひとりでいると「充電」でき、元気になる。問題が起こったときは、まず自分でいろいろ考えてから行動する人が多い。自分の考えを大切にするため、価値観が似ている人といると居心地がいい。

このタイプの価値観の特徴

自分であれこれ考えるよりも、今ある常識や他の人のやり方を参考にして行動することが多い。自分の思い付きよりも、確かな事実やデータを参考にするべきだと考える。

このタイプの判断基準の特徴

自分が正しいと思えるか、関わる人がどう感じるか、感情を重視し、判断する。自分の行動が他者に与える影響を考え、「規則には例外がつきもの」とし、臨機応変(りんきおうへん)に行動する。

このタイプの取り組み方の特徴

たくさんの情報を取り入れ、柔軟に進めたい。あまりきっちり計画を立ててしまうと、縛られているような気がする。たくさんの選択肢を考慮してから、慌てずに決めたい。

このタイプと相性が良いタイプ

このタイプと相性が悪いタイプ

タイトルとURLをコピーしました