行動診断16「INFP 芸術家」

行動診断の解説

芸術家タイプ

このタイプの行動の特徴

このタイプは、情熱を秘めており、夢や理想に向けて取り組んでいるときに、よろこびを感じる人が多い。高すぎる目標を立ててしまい、自分で自分を苦しめる。自分への反対意見に傷つきやすいので、そんな意見もあると、客観的に考えよう。

【活躍できる環境】
・新しいアイデアを求められる環境。
・納得いくまで気長に取り組める環境。

【得意なこと】
・人の成長に関わること。
・一対一の人間関係。

【苦手なこと】
・目標達成までの時間管理。
・理論的に考えること。

このタイプの人との関わり方の特徴

ひとりでいると「充電」でき、元気になる。問題が起こったときは、まず自分でいろいろ考えてから行動する人が多い。自分の考えを大切にするため、価値観が似ている人といると居心地がいい。

このタイプの価値観の特徴

今ある常識や他の人のやり方よりも、自分のひらめきを大切にし、自分のやり方で行動することが多い。新しい方法を思いついたら、実際にやってみないと気が済まない。

このタイプの判断基準の特徴

自分が正しいと思えるか、関わる人がどう感じるか、感情を重視し、判断する。自分の行動が他者に与える影響を考え、「規則には例外がつきもの」とし、臨機応変(りんきおうへん)に行動する。

このタイプの取り組み方の特徴

たくさんの情報を取り入れ、柔軟に進めたい。あまりきっちり計画を立ててしまうと、縛られているような気がする。たくさんの選択肢を考慮してから、慌てずに決めたい。

相性について

このタイプと相性が良いタイプ

自分らしくいれる関係

【冒険家タイプ】
このタイプの特長は、リーダーシップを発揮し、頼りにされる人が多い。
細かい点まで考えたり、ひとつのことに集中することが苦手。

このタイプの面倒見が良さは、あなたが理想へ向かう取り組みを強化する。

また、あなたの目標に向けて集中する姿勢は、相手の苦手を補うことができる。

切磋琢磨できる関係

【努力家タイプ】
このタイプの長所は、最後まで自分ひとりでもコツコツ努力する人が多い。
すぐに結果が出ないと、途中であきらめてしまう傾向がある。

このタイプは自立しているため、人付き合いの良さが双方の短所を補うことができる。

また、あなたの理想に向かって進む姿勢は、相手の可能性を広げ相手の長所を活かす。

タイトルとURLをコピーしました